0
%
お知らせ 2021.05.25

謝罪と修正について

いつもご覧いただきありがとうございます。

アクアリウムトールマン山田です。

ブログでの登場は恐らく1年以上振りかと思いますが・・・

皆様に謝罪をしたい事があります。

 

下記の入荷情報に誤りがあった為修正と謝罪をさせていただきます。

 


2021年5月7日 入荷情報

・コリドラス アドルフォイ

・国内ブリード(WILD F1)コリドラス バーゲシー

・国内ブリード(WILD F1)コリドラス ジュルアボンティ

・国内ブリード(WILD F1)コリドラス シパリウィニ

・国内ブリード(WILD F1)コリドラス ガラナⅠ

・国内ブリード(WILD F1)コリドラス シミリスⅢ

・国内ブリード (WILD F1)コリドラス ベネズエラブラック


※謝罪と修正について

上記の

・国内ブリード (WILD F1)コリドラス ベネズエラブラック

は正しくは

・国内ブリード  コリドラス ベネズエラブラック

が正解です。

文面に誤表記がありましたので修正お詫び申し上げます

大変申し訳ございませんでした。

また誤表記の期間中(5月7日から5月21日まで)に

当店の誤表記により国内ブリードWILD F1として

誤認の上ご購入してしまわれたお客様には

ご返金でのご対応を致しますので大変お手数ですがレシートをご持参いただくか紛失された方はご購入日時を当店STAFFにお申し付けください。またお電話でのご対応も可能ですのでWILDや国内ブリード・F1等の意味や疑問についても出来る限りご返答が返せるよう致します。

その他ご質問についてもご不明点がありましたら

アクアリウムトールマンの山田までお気軽にお申し付けください。


ベネズエラブラックはWILD個体はおらず基本的にはヨーロッパブリードの改良品種とされています。

ですが今回は上記記載の国内ブリードWILD F1の

コリドラスも同時複数入荷が重なり

そのままの流れでブログ記入時にコピーを繰り返し入荷情報を記載してしまったものだと思われます。入荷情報を参考に値札POPに表記したしまった為の誤表記となりました。決して偽装等の意図があった訳では無いですが、こちらの確認不足で起こったミスなのは間違いございません。

勘違いが起きるような表記になり改めて謝罪をさせて頂きます。

この度は大変申し訳ございませんでした。

以後、STAFF間での確認を徹底しこの様な事が起こらぬよう尽力致します。

また出来る限り新鮮で旬でアクアリウムが楽しくなるご提案が出来るよう

私含めSTAFF一同お客様に寄り添ったお店作りを心がけ

『もっとアクアリウムを身近に!』の合言葉でこれからも努めて参ります。

最後にお気遣いの上ご指摘頂きました多数のアクアリウム関係者様・お客様に

多くの気付きをいただいた事、心より感謝申し上げます。

『ありがとうございます。』

今後とも株式会社アクアリウムトールマンをどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

一覧へ戻る

トールマンへのお問い合わせ・ご相談はこちらからお願いします

水槽の設置からレイアウトの作成、さらには水槽メンテナンスまで
一貫してトールマンではお客様に最高の水槽環境をご提案いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

お電話でお問い合わせ

メールでお問い合わせ

お問い合わせフォームへ