0
%
2400水草水槽レイアウト変更・設置レイアウト素材 2018.03.03

早いもので、もう3月!!2400水槽遂に!!

こんばんは

トールマン山田です。
最近は嫁さんに熱帯魚や水草・用品の値札POPの作成を依頼しており
それを私が水槽に張り付けていく。。。

そうそう
コリドラスの

ステイバル。  うん?

確かにいてそう。

そうそう
黄色が可愛い小型グラミーの

。。。
。。

うん?
ゴールデン ハニード ワーフグラミー
切るとこ間違ってるやん!!
でも かなり居てそう。。。

魚の名前ってややこしいですよね。笑

はいっ

ついに来ました!!
2400水槽!!

待ちに待った2メートル40センチ
2400×600×600のくり抜きアクリル水槽。

ようやく上側に吊り下げられていたハイスペックLEDラディオンが活かされる時が来ました。
さて贅沢な大型水草水槽
どんなレイアウトを作りましょうか。。。

『正直に言います。全く構想が浮かんでおりません!!』
『どうしましょう!!?』
と言う事で
ひとまずカッコイイ枝流木を飾りました。

プレミアムブラックブランチ
トールマン山田オススメのブランチ流木
枝ぶりが非常に渋い。細めの枝もカットされず自然に近い状態
更にこれまでの明るめのブランチ系とは違い光沢のある『黒』
当店入り口の1200水草レイアウトでも使用しておりますイチオシ流木。
今回かなりカッコイイの来てます。


キラキラと照らされたプレミアムブラックブランチたちを見に来てくださいね。
また2400水草水槽は徐々に作成に取り掛かります。。。
乞うご期待!!

その他今週も少量ですがお魚入荷!!
先週入荷しました

タティア ダニーニ パンダ
等もかなり状態落ち着いてきました。

また今週もお客様宅へレイアウトの変更や
水槽什器の作成を行っておりましたので、その一部をご紹介。

元々中型のお魚を飼育されていましたが
水草水槽に変更されたいと言う事で依頼を頂きました。
今回のコンセプトは
・ソイルを使わない事
・既にお持ちのレイアウト素材をメインに使用する事
・手入れがほぼ掛からないレイアウトにする事
・既存の水槽システムを使用する事

上記4点がお客様のリクエストでした。

たっぷりお持ちだったレイアウト素材をふんだんに使用し
大型水槽だからこそ出せる高さと迫力を演出

成長スピードがゆっくりなシダ植物をメインで
シンプルに水草を植栽 スティックのLEDライトやCO2添加しない事を考慮
またソイルは使用できない分、セラミックソイルを使用し
見た感じのナチュラルさプラスα メンテナンス性を踏まえ選択。

その他 お客様に合わせたご提案とシステムに少しのプラスを行い無事にセット完了しております。
3か月後水草のボリュームがUPし更にレイアウトとしての一体感が生まれてくると
思われます。また厄介なコケに対してのアプローチもしっかり行わないといけませんので
これからがスタートとして成功頂けるようしっかりとバックアップしていきます。
I様本日はありがとうございました。

その他にも

プレコ用トールマンオリジナル什器60サイズの設置や

依頼分の小型水草レイアウト水槽を店内でお客様と一緒に作成
はたまた
大型水槽の大移動の依頼等も行いましたが詳細は次回のブログにて!!

最後に明日のプチ入荷情報!!
欠品しておりましたラディオンが更に3台入荷!!
プレコ土管も欠品しておりましたが明日大量に入荷致します。
またまた当店が取材頂きました

アクアスタイルも明日入荷予定です。

明日は12時より22時まで営業しております。
ご来店心よりお待ちしております。

最後まで御覧頂きありがとうございました。

一覧へ戻る

トールマンへのお問い合わせ・ご相談はこちらからお願いします

水槽の設置からレイアウトの作成、さらには水槽メンテナンスまで
一貫してトールマンではお客様に最高の水槽環境をご提案いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

お電話でお問い合わせ

メールでお問い合わせ

お問い合わせフォームへ